小動物の飼育 飼い方net

飼い方netは生き物に長生きしてもらうための飼育方法を解説しているサイトです。

小動物の飼育をわかりやすく解説しています。それぞれの小動物が快適に過ごせる飼い方のご提案です。

小動物の飼育について

小動物の飼育は家族が増えるつもりで考えるのが良いでしょう。途中で飼いきれなくなったというようなことが決して起こらないよう、最初から覚悟を持って飼い始めなくてはなりません。

しかしながら小動物の飼育から得られる思い出の数々は一生の宝物になることでしょう。この計り知れない感動と喜びは、小動物の飼育ならではのものです。

飼育環境

小動物の飼育には、快適な環境を用意してあげられるかということの他に、近所に迷惑をかけないかということにも注意が必要です。

ご存じのとおり、犬は良く吠えますし、猫は柱を引っかいて傷だらけにしてしまいます。もし決まりを無視して飼育を始め、問題が起きた時、結局、もっとも不幸になるのは小動物です。

住環境や経済事情など、小動物を飼育するには必要な条件がいくつもあります。きちんと余裕を持って迎える準備を整えてから飼い始めることが大切です。

小動物の食事

小動物のエサは栄養バランスだけでなく、味や食感にまでこだわって贅沢に作られています。このため、ドライフードを中心のメニューでも問題ありません。

もちろん種類によって必要な栄養バランスも違って来ますので、犬用のエサを猫に与えたりといったことはせず、種類にあった食事を用意してあげることが長生きの秘訣です。

ペットロス

小動物の寿命はだいたい数年、長くても十数年です。小動物を飼育するのならば、いつか必ずペットの死と向き合わなくてはならないという心構えが必要です。

しかしながらどんなに覚悟をしていたとしても、実際にペットを失った時の悲しみは想像を絶するものです。普段は何があっても絶対に泣かないような成人男性が号泣するほどです。

一緒に暮らす小動物の存在はそれほどまでに大きなものになるということなのです。この悲しみを和らげるためには、元気なうちに出来うる限りのことをしてあげるということです。幸せな生涯だったはずだと、思い返せるように。

また、インターネットや新聞記事などでも話題になった今井優子さんの「ボクが傍にいるから…」など、ペットロスの傷は歌で癒されたという方の話も良く耳にします。

人気動物の飼育