カブトムシ飼育 飼い方net

飼い方netは生き物に長生きしてもらうための飼育方法を解説しているサイトです。

カブトムシ飼育をわかりやすく解説しています。カブトムシが快適に過ごせる飼い方のご提案です。

カブトムシ飼育について

まだ外国産カブトムシの輸入が禁止されていたころ、少年向けのムック本には世界の巨大なカブトムシが特集され、当時の少年たちは大きな夢をふくらませていたものです。

標本でしか手に入れることのできなかった、そんな海外のカブトムシも、今では容易に入手できるようになり、かつての夢をかなえるかのように大人たちも夢中にしています。

カブトムシの飼育用品

カブトムシの飼育にはプラケースと呼ばれる飼育ケースが利用されます。プラケースは安価で軽量な上に丈夫で壊れにくいため、とても重宝しますが、通気性があまり良くないので、夏場は蒸れないように注意します。

熱帯産のカブトムシを飼育する場合には、保温器具も必要です。いくつものプラケースを個別に保温するのは効率が悪いので、観葉植物用の温室に専用のパネルヒーターを取り付け、まとめて保温すると便利です。

プラケースには軽く湿気を帯びた昆虫マットをあまり固めないように厚く敷きます。無農薬の太い止まり木を入れてあげますが、カブトムシの長いツノが自由に動かせるように十分な空間を確保してあげます。

カブトムシのエサ

カブトムシには昆虫ゼリーという専用のエサを与えます。果物は水分が多すぎる上に腐りやすく、害虫も発生しやすいため、おすすめできません。

昆虫ゼリーを与える際には、昆虫マットへ触れないように注意します。

カブトムシの管理

昆虫マットが乾燥しないように霧吹きで水を撒きます。古くなった昆虫ゼリーがいつまでも放置してあるなどということのないように、飼育ケース内は清潔に保ちます。

日本に生息するカブトムシなら、オスとメスを一匹ずつ入れておくだけで繁殖させることができます。幼虫同士がぶつからないように、始めからオスとメスをできるだけ大きな容器で飼育しておくのがポイントです。

昆虫マットが乾燥しないように注意しながら初夏まで静かに置いておくと、やがて次々に立派に成長したカブトムシたちが出てきます。

人気動物の飼育