クワガタ飼育 飼い方net

飼い方netは生き物に長生きしてもらうための飼育方法を解説しているサイトです。

クワガタ飼育をわかりやすく解説しています。クワガタが快適に過ごせる飼い方のご提案です。

クワガタ飼育について

かつて外国の昆虫は輸入が禁止されていたため、当時の少年たちにとって外国の美しいクワガタは図鑑でしか見ることのできない憧れの昆虫でした。

現在ではそんな海外のクワガタも輸入が解禁され、野生のクワガタや養殖されたクワガタが容易に入手できるようになり、子供から大人まで多くの人々を夢中にしています。

クワガタの飼育用品

クワガタの飼育にはプラケースと呼ばれる飼育ケースが利用されます。プラケースは安価で軽量な上に丈夫で壊れにくいため、とても重宝しますが、通気性があまり良くないので、夏場は蒸れないように注意します。

熱帯産のクワガタを飼育する場合には、保温器具も必要です。いくつものプラケースを個別に保温するのは効率が悪いので、観葉植物用の温室に専用のパネルヒーターを取り付け、まとめて保温すると便利です。

まずは昆虫用の止まり木(無農薬のクヌギやナラなど。)を用意します。これをバケツに入れた水に浮かせ、一日ほど木に水を吸収させます。

止まり木の準備ができましたら、プラケースの底に昆虫マットを5センチくらい敷き、力を入れて押し固めます。そこに止まり木を斜めに立て掛け、さらに昆虫マットを入れて、やや強めに固めます。

同じ要領で、昆虫マットを入れては適度に固めていき、止まり木の3分の2が昆虫マットに埋まるくらいまで繰り返します。

これで飼育の準備は完了です。クワガタのオスとメスを一匹ずつ入れると、種類によっては高い確率で繁殖が期待できます。

このような飼い方で特に繁殖しやすい種類は、ゼブラノコギリクワガタ、パプアキンイロクワガタなどで、放置しておいても自然に繁殖していることが良くあります。

クワガタのエサ

クワガタには昆虫ゼリーという専用のエサを与えます。果物は水分が多すぎる上に腐りやすく、害虫も発生しやすいため、おすすめできません。

小さなクワガタには昆虫ゼリーひとつでも大きすぎる場合がありますので、専用の器具を使い、これを二つに切り分けて与えると便利です。このとき、ゼリーが昆虫マットへ触れないように注意します。

クワガタの管理

昆虫マットが乾燥しないように霧吹きで水を撒きます。古くなった昆虫ゼリーがいつまでも放置してあるなどということのないように、飼育ケース内は清潔に保ちます。

寒くなる前に、昆虫マットを厚く敷いた冬越し用のケースにペアのクワガタを移します。ペアの姿を見かけなくなっても、そのまま放置しておくと春に冬眠から覚めて元気に出てくることでしょう。

夏の間、ペアを飼育していたプラケース内の昆虫マットや止まり木の中には、幼虫や卵がある可能性がありますので捨てたりしないように注意します。

一般的にクワガタは成虫になるまで数年を要しますが、ゼブラノコギリクワガタやパプアキンイロクワガタなら翌年には成虫になります。

人気動物の飼育